2021年1月18日月曜日

中上級者向けの散策ツアーが開催されます

静岡の梅ヶ島温泉です。


来月13日(土)に『安倍川源流の散策 2021 Winter』と題してツアーが開催されます。

安倍川源流の散策 2021 Winter
極寒の安倍奥、雪と氷に包まれた源流を散策します。
★今回は山歩きに慣れている方、健脚の方のみの募集となります★

【日時】
2月13日(土)
集合:午前8:00 梅ヶ島温泉駐車場

【行程】
梅ヶ島温泉駐車場(8:00 集合)
安倍峠登山口(8:30)
スワン段(10:00)
サカサ川沿い散策道(10:20)
源流《 安倍峠・富士山 View 》(11:00)
スワン段(12:00)
安倍峠登山口(13:00)
梅ヶ島温泉駐車場(13:30 解散)

【注意事項】
・必ずダウンジャケットや手袋などの防寒対策をしてください。
昼食は食べませんが、行動食はあった方が良いです。また、温かい飲み物を各自ご用意ください。
 ※空の水筒を用意しておくと、安倍川源流の水を汲めます。今のところおなかを壊した方はいません。
・積雪が予想されます。スノーブーツ、トレッキングシューズ等を、また雨具のパンツを用意すると雪の侵入を多少防げます。
保険料として 1,000円を当日の朝に集金いたします。
・保険加入に伴い、申込みの際に参加者氏名・性別・生年月日・住所・連絡先をお知らせください。
・定員は10名ほどを予定しております。
(定員、また開催の1週間前になり次第、募集を締め切らせていただきます)
・中止の場合は当日朝 6:00ごろにお知らせいたします。
・散策終了後、駐車場近くのお店で昼食や温泉をご利用いただけます。

【主催・問合せ】
特定非営利活動法人 静岡自然環境復元協会
担当:工藤
電話:080-5888-0139
Email: piroyuki1225@icloud.com

2021年1月15日金曜日

働く軽トラの話題です

静岡の梅ヶ島温泉です。


きょうは働く車の話題、中でも雪道でも活躍してくれる軽トラック、「軽トラ」と略して呼ばれているタイプです。

軽トラは、日本の軽自動車区分の中の小型トラックで、高度経済成長期のころから経済を縁の下で支えてきた日本にとってものすごく大事な存在ですね。こちら梅ヶ島でも農作業などに大活躍してくれています。

現在の軽トラには、ダイハツのハイゼット、スズキのキャリー、ホンダのアクティがあり、それぞれに「軽ッパコ」とも呼ばれるワンボックスタイプもあります。(少し前までスバルのサンバーも人気でしたが、スバルは軽自動車を作らなくなって、今ではダイハツからOEM供給されています)

年配の方ならご存知のように、昭和30年代ごろまではマツダのK360やダイハツミゼットなどの軽三輪も作られていました。

日本の軽三輪は郵便局などでも盛んに使われていたそうで、それが四輪に切り替わったころ、中古の三輪がタイにたくさん輸出されて、あの「トゥクトゥク」と呼ばれる三輪タクシーが生まれたんだとか。

現在の軽トラは、エンジンが運転席の下に搭載されていて、前後の重量バランスがよく、また四輪駆動車も用意されるので、雪道に限らず、ぬかるんだ農道などでも走破性の高いものがあります。

写真の軽トラも四輪駆動で、特に冬用タイヤでなくても、軽トラによく使われるオフロードタイヤ(溝が深くてゴツゴツしたもの)を履いているんですが、梅ヶ島に降る程度の雪道なら案外不自由なく走れたりします。(( もっと本格的な雪面や凍結した路面では冬用タイヤやチェーンが必要なので注意してください ))

というのも、思いっきり低いギア比が選べるマニュアルトランスミッションだからということもあって、急な下り坂になっても低めのギアでエンジンブレーキがとてもよく効くんですね。

それに対して一般的な乗用車といえば、フロントにエンジンを積んで前輪だけ駆動するFF車がほとんどですし、タイヤも舗装路を走るためのタイヤを履いていますから、雪に不意打ちを食らうとタイヤがスタックして動けなくなったり、坂道などでスリップして事故になったりということもあります。

流行のSUVでもFF車が案外多いようですし、下り坂でのエンジンブレーキがほとんど効かないオートマチックトランスミッションの車がほとんどですから、道路情報で「チェーン規制」と出たときは、無謀な挑戦だけは絶対にしないように心がけたいものですね。

2021年1月13日水曜日

きょうはよく晴れました

静岡の梅ヶ島温泉です。

きょうはよく晴れています。



昨日撮影した雪の安倍川源流です。

道路は除雪も終わって普通タイヤでも走れるようになりましたが、気温によって凍結もないとはいえませんので、十分に注意しておいでくださいね。

2021年1月12日火曜日

雪が降っています(あのねのね)

静岡の梅ヶ島温泉です。






午前11時半現在、梅ヶ島地区は全体的に雪が降っています。
道路(県道梅ヶ島街道)の状況としては、本村あたり(金山トンネルあたり)までは路面にはほとんど積雪がありませんが、そこからこっち、特に新田地区あたりから上は路面にも積雪があり、梅ヶ島温泉は積雪が5センチぐらいはあります。

チェーン規制が出ていますので、十分な備えをしておいでください。
美しい雪景色がたっぷり見られます。

2021年1月10日日曜日

冷え込んできました。明後日火曜日は雪?

静岡の梅ヶ島温泉です。

2020年3月14日の雪


写真は2020年3月14日のものですが、この冬もいよいよ寒波がやってきて日本海側では大雪になっていることが報道されています。

こちら梅ヶ島温泉も今朝は氷点下7℃という冷え込みです。安倍川が凍った様子は明日ご紹介しますが、雪は今のところ降っていません。

雪が降るという予報が出ているのは、明後日、1月12日(火)で、1センチ程度の積雪もあるかもしれません。

明後日車で来られる方、ご心配な方には雪道対策をおすすめします。

また、雪に関わらず、日陰では路面が凍結することもありますので、特に朝のうちは十分に注意しておいでくださいね。

2021年1月5日火曜日

雪が降ったときの道路について

静岡の梅ヶ島温泉です。


写真は6年前のもので、今は雪はありません。

「道路は大丈夫ですか?」
というお問い合わせをいただくことがあります。

標高1000メートルですからね〜。「きっと雪が!」と思ってしまうのも当然だと思います。

でもこの冬はまだ積もっていません。というか、ほとんど雪らしい雪は降っていません。

富士山にも雪があまり積もらないほどですから、このまま行ったら、梅ヶ島温泉でも雪なしになるかもしれませんね。

もし降って、積もった場合でも、梅ヶ島温泉までの道路(県道 梅ヶ島街道)は朝のうちに除雪が完了して普通タイヤでもすぐ通れるようになるのが通常です。

凍結が心配される日陰の道路では、塩素が撒かれるので、まず大丈夫だと思います。

とはいえ、このところまたすごく冷えてますので、安全運転でおいでくださいね!

2021年1月4日月曜日

あけましておめでとうございます

2021年(令和3年)となりました。
あけましておめでとうございます。

梅ヶ島温泉の湯滝

梅ヶ島温泉の源泉穴風呂

梅ヶ島温泉の源泉

梅ヶ島温泉の三蛇権現湯之神社

感染拡大防止に全力を尽くしておりますが、今年こそ完全収束となりますよう、また皆さまにとって良い年となりますよう、組合員一同、心よりお祈り申し上げます。

梅ヶ島温泉観光組合一同