梅ヶ島温泉の公式サイトへようこそ。

 「梅ヶ島温泉郷」を代表する梅ヶ島温泉は、古墳時代の応神天皇(3世紀〜4世紀)にもその存在が知られていたという、1700年の歴史ある静岡の温泉です。
 静岡市を流れる安倍川の源流域、標高約1000メートル、東海道新幹線・在来線の静岡駅から道のりにして45キロメートルの梅ヶ島の最奥に、12軒の旅館・民宿などが集まり温泉街を営んでいます。
 「濃い温泉」と呼ばれるのは、山々に囲まれた秘境の地で、どこよりも濃い温泉体験ができる温泉地であるということで、梅ヶ島温泉を訪れるお客様から度々いただくご感想でもあります。

「梅ヶ島温泉郷」の中の「梅ヶ島温泉」とは?

梅ヶ島温泉郷マップ
環境省により国民保養温泉地に指定された「梅ヶ島温泉郷」には、4つの温泉地が含まれ、それぞれに歴史や源泉が異なります。

梅ヶ島温泉 =当サイト

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約950m
【静岡駅から】約45km
梅薫楼(温泉ホテル)
梅の家(日帰り温泉)
湯元屋(日帰り温泉と食事処)
清香旅館(温泉旅館)
泉屋旅館(温泉旅館)
いちかわ(温泉旅館)
湯の島館(温泉旅館)
力休(温泉民宿)
湯の華(温泉民宿)
さかや(予約制日帰り温泉)

梅ヶ島新田温泉

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
黄金の湯(日帰り温泉と食事処)
ペンションくさぎ里(温泉民宿)

梅ヶ島コンヤ温泉

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約600m
【静岡駅から】約39km
大野木荘(温泉民宿)
志むら(温泉民宿)
こんや銘酒館(温泉民宿)

梅ヶ島金山温泉【休園】

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
金山温泉(温泉浴場とログハウス)

2023年2月6日月曜日

きれいになった藤代橋

静岡の梅ヶ島温泉です。



以前は明るい青だった藤城橋が、最近このように塗り替えられています。
山の景色に馴染んでかっこいいですね〜。

入島地区の南側、藤代の滝へ行くにはこの橋を渡るんですが、2年ほど前、ここで猿の大群(?)に遭遇したときのビデオは ▶こちらです。
記事のカテゴリー

2023年2月2日木曜日

テレビ東京さんが取材に。

静岡の梅ヶ島温泉です。

関東限定の番組なので、静岡では見られないのですが、テレビ東京さんが番組取材にきてくださいました。

『よじごじDays』という平日夕方の番組で、『あの武将を癒やした! 隠し湯ハンターの温泉めぐり 第4弾』と題され、徳川家康公が愛したかもしれない温泉をめざして、レッド吉田さんが静岡市内を梅ヶ島温泉まで案内してくれるそうです。


梅ヶ島温泉観光組合の秋山組合長がレッド吉田さんをご案内しました。

関東の皆さん、是非ご覧くださいね。

放送:2023年2月9日(木)15:55〜16:54
出演:薬丸裕英さん ゲスト:笠井信輔さん

2023年1月27日金曜日

雪が降っています。

静岡の梅ヶ島温泉です。


きょうは午後から雪が降もりました。

深夜からは晴れの予報が出ていますので、朝もし雪が残っていても、除雪されて普通に通れるようになると思います。

気温は氷点下で寒いですから、路面の凍結など、十分に注意してください。

除雪されていれば普通タイヤでも大丈夫と思いますが、できれば冬用タイヤをおすすめします。

2023年1月26日木曜日

湯之神社から見渡す梅ヶ島温泉

静岡の梅ヶ島温泉です。



江戸時代に良純親王(りょうじゅんしんのう)が湯治に滞在し、梅ヶ島温泉の硫黄泉でご病気がすっかり治癒されたことに感謝されて建てられたのが、この三蛇権現湯之神社です。

硫黄泉の源泉が集まる山の中腹に立っていますので、湯之神社前からは、梅ヶ島温泉の温泉街が見渡せます。

2023年1月23日月曜日

きょうは湯滝をたっぷりと

静岡の梅ヶ島温泉です。



自然湧出の硫黄泉は、源泉の集まるこのあたりから旅館・民宿に供給されています。湯滝は、硫黄泉の成分を多く含んでいます。

きょうは動画でたっぷりとご覧ください。
記事のカテゴリー

2023年1月21日土曜日

標高約1000メートル、梅ヶ島温泉で見る星空

静岡の梅ヶ島温泉です。


梅ヶ島温泉は標高900メートルを超えて1000メートル近いとこにあって、明るい市街地からもほどよく離れているので、星のきれいな夜空がまた格別です。

写真はオリオン座を撮ったもの。最近のスマホってすごいですね。こんなにきれいに撮れるんですね! 

2023年1月18日水曜日

寒い日が近づいているそうです

静岡の梅ヶ島温泉です。


ずっと暖かな日が続いていましたが、この週末ごろから大寒気に覆われるという予報が出ています。

寒気のピークは、24日(火)・25日(水)ごろだそうですが、梅ヶ島温泉に雪(積雪)の予報が出ているのは来週月曜日の23日です。

今まではこの予報があまり当たらなかったわけですが、全国的なこの冬一番の寒気ということになると、いよいよ雪景色が見られるんでしょうか。

寒い日の温泉、もうこれ以上に気持ちいいものはありません。温かくしておいでくださいね。

2023年1月14日土曜日

「もっと潤いを」キャンペーン始まりました!

静岡の梅ヶ島温泉です。


梅ヶ島温泉郷「もっと潤いを」キャンペーンが始まりました。

宿泊されたお客様全員に、梅ヶ島温泉郷オリジナルのリップクリームを差し上げます!

同時にくじ引きで、3,000円のクーポン券も当たりますよ。

2月28日までやってます!!

2023年1月9日月曜日

梅ヶ島大橋

静岡の梅ヶ島温泉です。



前回は、小さな南沢橋を紹介しましたので、きょうは梅ヶ島で一番大きな梅ヶ島大橋です。

平成9年(1997年)2月の竣工ですから、今から26年前にできた比較的新しい橋です。
この橋ができる前は、山沿いの道路を回って梅ヶ島に入るようになっていたんですが。この大橋ができてからは、入島地区から梅ヶ島地区へひとっ飛び。とてもスムーズに来られるようになりました。

2023年1月5日木曜日

週末土曜日は雪?

静岡の梅ヶ島温泉です。



県道29号「梅ヶ島街道」をずっと来て、この「南沢橋」を過ぎると梅ヶ島温泉になります。
南沢橋は古い橋で、昭和34年に架けられたものです。

このところ晴天が続いていますが、この週末、8日(土)には、日中に雪の予報が出ています。
年末にも二度ほど出た雪の予報ですが積もりませんでしたね。今度はどうでしょうね。

2023年1月3日火曜日

皆さま方のご多幸をお祈り申し上げます

あけましておめでとうございます

旧年中は大勢の皆さまにお運びいただき、また当ウェブサイトにも大変に多くのアクセスをいただきまして、誠にありがとうございました。

本年もまたよろしくお願い申し上げます。


2023年 令和5年 正月
梅ヶ島温泉観光組合 一同

2022年12月24日土曜日

雪の予報でしたが・・・・

静岡の梅ヶ島温泉です。


昨日は確かに少し降っていたので、今朝は積もるかなと思っていたんですが、まったく積もっておりません。お天気ナビゲーターの天気予報でも、雪が積もるという予報だったんですがねぇ……。

というわけで、ピリリと冷えて晴れた冬の梅ヶ島温泉です。

道路は日陰のところなどで、凍結があるかもしれません。どうぞ安全運転でおいでください。(普通タイヤで大丈夫です)

2022年12月23日金曜日

ずっと氷点下?

静岡の梅ヶ島温泉です。


明日12月24日(土)の未明から早朝にかけて、雪の予報が出ています。
先週は予報に反してほとんど降りませんでしたが、明日はどうでしょうね。

年末年始の天気予報がお天気ナビゲーターに出ていますので、見てみますと……

明日から新年1月2日まで、概ね晴天が続くようですが、気温は、最高気温でも3℃ぐらい。ほぼ全体に氷点下という予報です。

ぴりっと冷えた空気も、標高千メートルの梅ヶ島温泉ならでは気持ちよさ。是非体験してみてください。

もちろん、一年で温泉が最高の季節です。真冬の梅ヶ島温泉、きっとはまりますよ。

2022年12月22日木曜日

安倍川、三河内川、大谷川

静岡の梅ヶ島温泉です。


写真は、梅ヶ島街道を挟んで黄金の湯の前にある「三河内川床固め工群完成記念碑」です。

平成3年度から平成18年度にかけて国交省による防災を目的とした川床固め工事が完成したことを記念して立てられたもの……なんですが、静岡市民でも、この「三河内川」という川の名前を知らない人は多いと思います。

簡単に言うと、安倍川です。梅ヶ島新田より上流の安倍川は、梅ヶ島温泉の方から流れてくる三河内川と、大谷嶺の方から流れてくる大谷川が合流しているんですが、国交省は大谷川の源流を安倍川の起点とし、静岡県では、梅ヶ島温泉街のちょっと上流を「安倍川起点」としています。

2022年12月18日日曜日

雪は積もらず……

静岡の梅ヶ島温泉です。


雪の予報が出ていいたので、今朝は温泉街は雪景色になるかなと思っていたんですが、標高差50メートルぐらい(?)で、梅ヶ島温泉に積もる雪は降りませんでした。

土曜日からお泊まりのお客様には道路の心配もなくてよかったです。
記事のカテゴリー ,